介護魂太郎

介護魂太郎では5chやTwitterなどで、福祉情勢や介護全般における知識、知恵、家族の苦悩、福祉専門職員の仕事の悩み、愚痴などの情報をはじめ、健康、老化に関する情報をまとめています。

    カテゴリ: 社会問題



    (出典 ksa-kentei.com)


    介護離職問題情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/01/06(土) 04:08:49.57 ID:CAP_USER9.net

    2018年01月05日
    村田 くみ : ジャーナリスト

    親の介護のために仕事を辞める「介護離職」が社会問題となっている。介護離職は一度退職すると好条件での再就職が難しくなる中高年層に発生しやすい。

    明治安田生活福祉研究所とダイヤ高齢社会研究財団が2014年に発表した調査「仕事と介護の両立と介護離職」によると、介護のために転職した正社員が新職場でも正社員として働けたのは、男性が3人に1人。女性が5人に1人。転職前後の年収を比べると、男性は557万円から342万円と4割減、女性は350万円から175万円と半減していた。
    介護離職の果てに待ち受けるものは何か。経験者の体験からその実態に迫る。


    年収1200万円からホームレスへ

    「40代を過ぎてからハローワークで求職しても見合った職はみつからない。会社を辞めるといずれ後悔する」

    こう語るのは、高野昭博さん(61歳)。任意団体「反貧困ネットワーク埼玉」(さいたま市浦和区)などで、生活困窮者に相談を行っている。高野さん自身、親の介護で財産が尽きてホームレスにまでなった経験を持つ。

    高野さんは高校卒業後、大手百貨店で正社員として働き、管理職になってからの年収は1200万円。休日にはスキーに没頭するという絵に描いたような独身貴族。その生活が一変したのは、咽頭がんを患う父の面倒を見るために介護離職をしたことがきっかけだった。

    「母は病弱、6歳年上の兄は両親と折り合いが悪く家に寄りつかなかったから誰にも頼れなかった。親と同居していた自分が見るしかないと思い込んでしまいました。離職しないで済むようにさまざまな制度を使い倒せばよかったんですが、そこまで気がまわりませんでした」(高野さん)

    かなり悩んだ末に離職を決意。ちょうどその頃、百貨店では早期退職を募っていて、流れに乗ってしまったという。ところが、退職して2週間後に父が他界。26年勤めた会社の退職金と預貯金を合わせて2000万円以上が手元に残った。

    精一杯の親孝行のつもりで葬儀を執り行い、お墓を建てた。その費用は合わせて850万円。母の介護がはじまってからも想定外の出費は続いた。母は認知症の症状が出はじめ、高野さんが知らないところで、訪問販売などで布団やネックレスなど高額な商品を買い込んでいたのだ。
    (リンク先に続きあり)
    http://toyokeizai.net/articles/-/202736


    【【真実】働き盛りを襲う「介護離職」の現実!年収1200万からホームレスへ】の続きを読む



    (出典 ninchisho-online.com)


    介護離職情報まとめ!

    1 みつを ★ :2018/01/27(土) 00:51:21.89 ID:CAP_USER9.net

    2018年01月26日
    井戸 美枝 : CFP®、社会保険労務士

    「親(あるいは妻など)の介護が必要になった。このままでは充分な時間もないし、もう会社を辞めるしかない……」。このような形で「追い詰められる」という話は、誰でも起きる可能性があり、とてもひとごとではありません。しかし介護離職は経済的にも大きなダメージです。場合によっては、2000万円、3000万円もの収入を失うことにもなりかねません。今回は、どのような影響があるか、またそれを避けるための「育児・介護休業法」について、お話します。

    なぜ簡単に「介護離職」を決断してはいけないのか

    「同居している母に介護が必要になったので、仕事を辞めようと思っています……」

    最近、私は有名企業に勤務する中田香里(かおりさん、仮名・47歳)さんから、こんな深刻な話を打ち明けられました。香里さんはシングル女性で独り暮らしをしていましたが、2年前に父が他界してから実家に戻り、現在は73歳の母と2人暮らしです。

    香里さんの母は、香里さんの父が他界する前の約3年間、自宅で介護していました。「要介護3」のレベルで、介護保険サービスも利用していましたが、それでも「老々介護」は大変だったと言います。なんと、今度はその母が病気になり、退院後「要介護3」に。香里さんは「とても1人にはしておけない」と表情を曇らせます。

    要介護3とは、立ち上がりや歩行がかなり困難で、食事、排泄、入浴などに全面的介護が必要な状態です。想像してください。香里さんが「1人にはしておけない」と思うのも無理はありませんよね。

    でも、です。私は香里さんが仕事を辞めることには賛成しかねます。
    それはなぜでしょうか。
    (リンク先に続きあり)
    http://toyokeizai.net/articles/-/206011


    【介護離職をすると自分の老後が危なくなる⁈社会保険労務士が危険性を…】の続きを読む



    (出典 minnanokaigo.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    高齢者問題情報まとめ!

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう

    余りに酷い運転、違反しまくり。
    認知症ドライバーを毎日何台も目にする。

    いつかはこいつらに、こちらは避けられない事故で*れるぞ。
    または自分の家族が*れる危険も少なくない。
    被害者になっても今の社会は守ってもくれない。
    事故にあってからではもう遅い。
    この世に自分は存在してないかもしれないからな。


    【【危険】余りに酷い運転!違反しまくり!認知症ドライバーw】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)


    社会問題情報まとめ!

    1 スターダストレヴァリエ ★ :2017/11/07(火) 16:19:57.64

    日本は未曽有の重税国家へ 全世代で生活ギリギリに

    日本は2018年に未曽有の重税国家となる。給与所得控除の廃止・縮小や公的年金等控除の引き下げといった政府税調の増税議論が実行に移されると現役世代は「年間40万円」の負担増となるサラリーマン増税を強いられ、
    年金生活の高齢者は「年間15万円」の年金増税に直撃される。

     さらに住民税、観光税、森林環境税、宿泊税など続々と検討されている増税で身動き取れなくなったところに、社会保障の負担増が重なる。

     それというのも、来年は、診療報酬の改定を含めた医療と介護制度の抜本改革が行なわれ、医療費や介護施設を利用した際の窓口負担が増えるのは確実だからだ。

    「介護はずっと先の話」と考えている若い世代にも深刻な影響が及ぶ。現在、介護保険料は40歳以上の国民が負担し、全国平均は月額5642円に達している。
    それでも介護保険財政が大幅に悪化して財源が足りないことから、厚労省は対象を広げて「20歳以上」の国民全員から保険料を徴収することを検討している。


    続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00000008-pseven-soci


    【 【負担増】日本は未曽有の重税国家へ!全世代で生活ギリギリに(;゚Д゚)】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    高齢者問題情報まとめ!

    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/12/14(木) 08:50:43.30

    http://www.asahi.com/articles/ASKCZ71R5KCZUNHB01F.html

     仙台藩の藩境警備に由来する山中の集落で「超限界集落」化が進んでいた宮城県七ケ宿町稲子(いねご)の住人が、1世帯1人だけになった。昨年は3世帯4人が暮らしたが、高齢の3人が今年、相次いで町中心部の特別養護老人ホームに入居。残る1人も冬の間は山を下り、無人となる。

     稲子は1681年、仙台藩が足軽10人を住まわせたのが始まりで、町役場から車で30分ほどの山あいにある。明治以降も養蚕や炭焼きで生計を立て、1960年には127人がいた。仕事を求めて若い世代が山を下り、自立生活ができなくなったお年寄りも次々と離れ、集落はついに消滅寸前となった。

     町は6年前から、稲子に向かう町道の除雪費節減や吹雪の際の緊急搬送が難しいことを理由に、住人に冬期間は山を下り、施設や空いている町営住宅で過ごすよう要請してきた。さらに今夏までに、大葉富男さん(91)、敦子さん(88)夫婦と一人暮らしだった佐藤あきをさん(96)が特養に入り、住民票も移した。

     残る佐藤富世司さんは71歳。町の水道検針などの仕事を請け負い、小さな畑を耕して暮らす。「ほかの住人の心配をしなくてよくなり、かえって気が楽だ」と話していた。

     稲子には空き家が数軒残り、うち2軒は、福島市などに住む元住人がときどき泊まるなどしている。(石橋英昭)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【超限界集落】ついに1世帯1人に 高齢者相次ぎ特養へ【宮城県】 】の続きを読む

    このページのトップヘ