介護魂太郎

介護魂太郎では5chやTwitterなどで、福祉情勢や介護全般における知識、知恵、家族の苦悩、福祉専門職員の仕事の悩み、愚痴などの情報をはじめ、健康、老化に関する情報をまとめています。

    カテゴリ: 在宅介護



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    遺産相続情報まとめ!

    94 名無しさん@1周年 :2018/01/16(火) 23:07:17.34 ID:+v6SH7dM0.net

    友達の親は実子を集めて
    遺産は介護してくれた子にやると言い切ってた


    【【遺産】実子に限らず介護してくれた子が相続できるようにすれば...】の続きを読む



    (出典 chie.media)


    介護情報まとめ!

    1 ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2018/01/17(水)07:52:55 ID:???


     高齢化社会に合わせた相続制度の見直しを議論してきた法相の諮問機関「法制審議会」相続部会は16日、
    故人の配偶者が住まいや生活費を確保しやすくなることを柱とした民法の改正要綱案をまとめた。
    相続の権利がない親族が介護などに尽力した場合、相続人に金銭を請求できる制度の新設なども盛り込まれた。
    一方、事実婚など法律婚でない場合は、相続の対象外という点は変わっていない。

    相続制度見直し案「家族仲悪ければトラブルの原因にも」
     法務省は、法制審から法相への答申を受け、22日開会の通常国会に民法改正案を提出する。
    相続法制の大幅な見直しは1980年以来、約40年ぶりだ。

     これまでは預貯金などの財産が少ない場合、自宅を売却して遺産を分割せざるをえず、配偶者が退去を迫られるケースがあった。
    要綱案では、「配偶者居住権」を新設。
    住宅の権利を「所有権」と「居住権」に分割し、配偶者は居住権を取得すれば、所有権が別の相続人や第三者に渡っても
    自宅に住み続けることができる。居住権は施設に入所するなどしても、譲渡や売買はできない。

     居住権の金額は、配偶者の年齢の平均余命などから算出され高齢なほど安くなる。その分、これまでより多くの
    預貯金を相続できる。年齢と関係なく、期間を限定して設定することもできる。
     また、結婚して20年以上の夫婦で、配偶者が自宅の生前贈与を受けた場合、自宅は相続人が分け合う遺産の総額から除外される。
    これも配偶者が引き続き暮らせる住居を確保するとともに、預貯金などの遺産を得やすくする措置だ。

    (以下略)

    朝日デジタル/小松隆次郎2018年1月16日21時41分
    https://www.asahi.com/articles/ASL1J4392L1JUTIL01X.html


    【【新設】夫の父を介護などに尺力した場合の相続人に金銭を請求できる制度】の続きを読む



    (出典 www.osumai-soudan.jp)


    介護情報まとめ!

    3 名無しさん@HOME

    うちはデイケアのことを「あんな爺婆ばっかりのところなんて!」と拒否することが多く、あまり行ってない
    じゃあお前は同年代の人らと同じように動けるのかと小一時間問い詰めたい


    【【我儘】通所を拒むおじいちゃんおばちゃん】の続きを読む


    家族介護情報まとめ!

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2017/12/23(土) 21:28:31.95 ID:CAP_USER9.net

    杉田かおる 母を介護施設に…長年在宅で看護「心身ともに限界」
    2017.12.23(Sat)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/23/0010842599.shtml

    (出典 daily.c.yimg.jp)


     女優の杉田かおる(53)が在宅で介護していた母親を、介護施設に預けたことをブログで明かした。
    20年前に肺気腫と診断された母親は慢性腸閉塞肺疾患を患っており、10月中旬にも倒れ、救急搬送されて一命をとりとめたばかり。
    杉田は自宅での介護と看護の生活に疲れ果て、10月にはブログで「心身ともに限界です」と吐露していた。

     21日に更新したブログでは、20年前に母親が自宅で倒れ、肺気腫と診断されたこと、4年4カ月前には意識不明になり、緊急入院したこと、
    その後は在宅酸素で入退院を繰り返しながら、医師の往診や看護師さんの助けを借りて自宅で介護を続けてきたことが説明された。
     そして「私としては苦渋の決断でしたが、とりあえず、大事をとって病院隣接の施設に入れて頂くことになりました」と悩んだ末、施設に預ける決意をしたことを明かした。

     施設に入った母親は、「とても快適だと喜んでおります」といい、「意地になって奮闘していた自分でしたが、プロの方にお任せして共倒れしなくて済んだとちょっとホッとしております」と心境をつづった。
     10月12日のブログでは、介護に疲れ、「自分が情けない。心身ともに限界です」と吐露していた杉田。
    「意地」もあった在宅介護をやめ、「ホッとしております」と安堵した一方で、「53年間、身体は弱いけどチャーミングで頭の良い母と楽しく暮らしてきたので正直寂しいです」とも打ち明けた。
     クリスマスを前にした大きな決断。「今年はいつもより神様が近くに感じられた一年でした」とつづっている。


    【【苦渋の決断】意地になって奮闘していた自分でしたが...【杉田かおる】】の続きを読む



    (出典 art24.photozou.jp)


    在宅介護情報まとめ!

    405 マジレスさん :2017/12/17(日) 16:36:41.10 ID:md/DmpEv.net

    この生き地獄から抜け出そうとパートや年末バイトの面接受けまくり 落ちまくり
    生きるのがアホらしくなって来た 
    落とした会社全部潰れろ、と思いながら履歴書書いてる
    もう年末バイトも募集終わりそうだ あーあ


    【この生き地獄から抜け出そうとパートや年末バイトの面接受けまくり…】の続きを読む

    このページのトップヘ