介護魂太郎

介護魂太郎では5chやTwitterなどで、福祉情勢や介護全般における知識、知恵、家族の苦悩、福祉専門職員の仕事の悩み、愚痴などの情報をはじめ、健康、老化に関する情報をまとめています。

    カテゴリ: 生活



    (出典 www.sakouju.jp)



    1 ばーど ★ :2018/01/16(火) 20:09:03.19 ID:CAP_USER9.net

    法務大臣の諮問機関である法制審議会の民法部会は、家事や介護を担ってきた配偶者が、遺産分割の際に優遇されるよう、現在住んでいる住居に引き続き住むことができる「居住権」を新設することなどを盛り込んだ、民法改正の要綱案をまとめました。

    法制審議会の民法部会は、おととし、家事や介護を担ってきた配偶者が遺産分割の際に優遇されるよう、法定相続の割合を引き上げるなどとした案をまとめましたが、一般から「配偶者を優遇しすぎではないか」といった反対意見が多く寄せられたため改めて検討を進め、16日の会合で民法改正の要綱案をまとめました。

    それによりますと、遺産の対象となる住居について、これまでの「所有権」とは別に、配偶者が引き続き住むことができる「居住権」を新設し、退去を迫られることがないよう保護するとしています。

    さらに、結婚して20年以上の配偶者に生前贈与や遺言で贈られた住居は、原則として遺産分割の計算の対象から除外し、住居を取得した配偶者にも、現金などの財産が子どもなどと同じように分割されることも盛り込まれています。

    このほか、要綱案には、配偶者が生活費などを確保できるよう、遺産分割の前でも、預貯金などから一定の払い戻しを受けられるようにすることなども盛り込まれています。

    法制審議会は、来月開かれる総会で、最終的に要綱を取りまとめ、法務大臣に答申することにしています。

    ■見直しの背景は

    昭和55年以来、およそ40年ぶりとなる今回の見直しの背景には、高齢化社会が急速に進展していることがあげられます。

    高齢化社会の進展で、残された配偶者が長生きするケースも増え、生活資金も必要となることから、相続の際、配偶者により手厚く分割すべきだという指摘が出ていました。

    また法務省は、核家族化が進み、子どもが親と同居せず独立して生活する状況が増えていることや、長年にわたって介護などを担ってきた配偶者が十分な遺産を受け取れず、不公平感を訴える声が上がっていたことなども、今回の見直しの要因になったとしています。

    ■遺産分割の具体例

    今回の見直しで、遺産はどのように分割されることになるのか、具体例でみてみます。

    法務省が一例としてあげているのは、結婚して20年以上で、生前贈与や遺言で配偶者に住居が贈られた、夫婦と子ども1人の3人家族で、遺産の総額が8000万円、このうち住居の評価額が3000万円、現金などそのほかの財産が5000万円だった場合です。

    基本的には、総額8000万円を、配偶者と子どもが4000万円ずつ分割することになります。

    ただ、これまでは、配偶者が住居をそのまま相続する場合、評価額3000万円を遺産として得ることになるため、現金などの財産は1000万円のみの相続となります。

    一方、子どもは、現金などの財産を4000万円相続することになり、住居を遺産として相続する配偶者への分割分は、必然的に子どもより少なくなっていました。

    しかし、今回の見直しで、住居の評価額は「遺産分割の計算の対象から除外する」ことになるので、この例でみると、現金などの財産5000万円を、配偶者と子どもで2500万円ずつ分割することになります。

    その結果、配偶者が得る現金などの財産は、これまでは1000万円だったのに対し、見直し後は2500万円に増えることになり、配偶者が優遇されることになります。

    ■専門家「多くの人に影響」

    遺産相続の実務に詳しい中根秀樹弁護士は、今回の改正は自宅の相続に関わるため、多くの人に影響すると指摘しています。

    中根弁護士は、配偶者の「居住権」が新設されたことについて、「どういった場合に権利として保護されるのか、これまでは明確ではなかったので、法制度として明確になることによって、残された配偶者の権利の強化が図られた」と話しています。

    これまでは、遺産の大部分が自宅だった場合、配偶者がほかの家族と遺産を分け合うために住んでいた家を売り、引っ越しを余儀なくされるような問題が起こりがちだったということで、今回の改正が1つの対策になるとしています。

    以下全文はソース先で

    1月16日 18時22分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011291091000.html?utm_int=news_contents_news-main_003


    【【居住権】家事や介護を担ってきた配偶者に不公平感を訴える声が!】の続きを読む



    (出典 fatemaster.net)


    障害福祉情報まとめ!

    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:896590257-PLT(21003).net


    (出典 img.2ch.net)

    障害児作のツリー、教諭が4人分廃棄 滋賀の重症児養護学校
    12/23(土) 8:16配信

    滋賀県立養護学校に勤務していた30代男性教諭が、児童生徒のクリスマスツリーの作品を捨てていたことが22日、分かった。同校は校舎に隣接した病院に入院している重症心身障害の子どもたちが在籍しており、保護者は「親にとってはかけがえのない作品で、あきれた行為」と批判。学校側は「軽率だった」と謝罪している。
    同校によると、昨年冬、小学部・中学部の児童生徒5人が授業の工作で、画用紙を使って高さ30センチほどのツリーを一つずつ作った。校内で保管し、今年3月ごろ、教諭が入学式に飾るため花びらを付けて桜の木に変えようとしたが、五つのうち四つを「うまくいかなかったので廃棄した」(同校)という。
    ほかの一つは、同月に保護者懇談で訪れた保護者の一人に求められ渡していた。保護者が、ツリーの底に書かれていた作者の名前を見て自分の子どもの作品ではないことに気づき、11月に「うちの子のものとかえてほしい」と問い合わせて、廃棄されていたことを知った。
    保護者は「子どもの立場を考えたら、あってはいけないこと」と話す。同養護学校の安藤宗久校長は「教師は一つ一つの活動の意味を考え、大事にしなければならない。教諭に悪意はなかったが軽率だった」とする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00000027-kyt-soci


    【養護学校の障害児が作ったツリーが先生に捨てられる!がっ!去年のんw】の続きを読む



    (出典 minnanokaigo.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    介護情報まとめ!

    1 既にその名前は使われています :2017/12/24(日) 20:19:27.59 ID:eYIpv+Ou.net

    叔母は遺産の額を確保したいがために、施設に入れずに自分らで介護したいらしい
    母は遺産減ってもいいから施設入れて介護負担を減らしたいという考えらしい

    常識で考えたら施設入れるのが当然なんだが
    ネ実世代ならもう経験済みだろうからいろいろ教えろ


    【【介護】在宅か施設か!遺産確保に争い勃発w!】の続きを読む



    (出典 syuraba-usagi.com)



    201 名無しの心子知らず :2017/11/23(木) 01:16:22.14 ID:+QQac5ND.net

    うちは一人っ子だから、健常の子供の子育てを経験したことがない。
    旦那とは別居してるけど、離婚はしないし金には困らせないって言われてる。
    どうしても子供がなつかないし、私に対してこだわりが強くて旦那を目の敵にするから家にいるのがつらいみたい。

    まあこんな別居生活時間の問題だよね。
    不自然な家庭をごまかすようにイルミネーションなんかして、本当は離婚された時のために節約しなくちゃいけないのに。

    ただ、普通の幸せな家庭が欲しかった。
    普通の子供と普通に生活したかった。
    普通って難しい。夢でもいいから健常の子供が欲しかった。


    【【家庭】 普通って難しい…夢でもいいから健常の子供が欲しかった…】の続きを読む



    (出典 kurage-official.com)



    104 名無しの心子知らず :2017/11/13(月) 12:51:58.03 ID:tF1pITHm.net

    どれだけ自分を犠牲にしてボロボロになって育て上げても、所詮は人間未満の存在を世に放つだけ


    【どれだけ自分を犠牲にして育て上げても所詮は人間未満の存在を世に放つだけ】の続きを読む

    このページのトップヘ