(出典 roujinhome-mania.com)


介護情報まとめ!

1 1です

介護中の事故に関する考察・再発防止・質の向上について、多様な側面から認識を深めましょう





3 名無しさん@介護・福祉板

民間企業系統に関して根本的に言えることは、実務者研修修了/初任者研修修了程度と介護福祉士の差を理解せずに施設主任やフロアリーダーを任せてしまうことに尽きると思う。
あとケアマネージャーを分離してしまうことがおかし過ぎる。

もう法制化で施設主任・フロアリーダーはケアマネ/介福の両資格必須にしてもいい。
ヒヤリハットも必ず付けることにしないとダメ。

ってか、指令系統の教育がなってないとか組織論以前の問題なのに、そんなのに営業許可をぽんぽん与えて、外部監査でも追及できてないとか、政治レベルでどうかしてるよね。
いかに国民が盲目無知なのかということだわ。


5 名無しさん@介護・福祉板

こんなきつい労働に手取り20万行かない給与だもん事故に会おうが*れようが文句言うな。
衣食足りないのに礼節なんて無いわ。
みんな*。


12 名無しさん@介護・福祉板

今治・リハビリ送迎車死傷事故で関係者3人不起訴(6月29日12時1分)ebc
去年9月、今治市でリハビリ施設の送迎車に乗っていた高齢者5人が死傷した事故で、
松山地方検察庁は同乗していた看護師など関係者3人を不起訴処分にしました。
この事故は去年9月、今治市中日吉町で済生会今治第二病院のリハビリ施設の送迎車
が道路脇の花壇に衝突し、乗っていた高齢者2人が死亡、3人が大けがをしたものです。
警察は今年2月、高齢者の車いすなどを車内で適切に固定していなかったなどとして、
同乗していた看護師の40代の女性など3人を業務上過失致死傷の疑いで書類送検していました。
これを受け松山地検はきょうまでに3人を不起訴処分にしたもので、
不起訴の理由について「証拠関係に照らして判断した」としています。


14 名無しさん@介護・福祉板

「介護ミスで母親が死亡」 遺族が特養老人ホーム提訴へ:朝日新聞デジタル

特別養護老人ホームに入所していた高齢女性が介護ミスで死亡した、などとして、
遺族が近く、施設の運営法人に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こす。
遺族は「同様の事故を減らすため、裁判で原因や背景を明らかにしたい」としている。

厚生労働省によると、全国の特養は9600施設で、約57万人が利用する。
同省は2015年度、特養を含む高齢者介護施設で起きた転倒などの事故を192件把握しているが、
「全体像をつかめているとはいえない」という。

介護事故の情報は、施設事業者から自治体を経て厚労省と消費者庁に伝わる仕組みが法律などで定められている。
ただ、両省庁は事故情報を統計化しておらず、再発防止にも生かせる介護現場での情報共有ができていない。

「介護事故は全国で年間数千件はあると考えられる。統一された事故の定義がないこともあり、自治体で情報が止まっている。人手不足で介護事故が起きやすい環境があるのに、市区町村への報告義務があることすら知らない職員もいるのではないか」と指摘し、
啓発や情報共有の必要性を訴える。


15 名無しさん@介護・福祉板

埼玉の4000万円訴訟だろ
ゴエン性肺炎で死亡 


18 名無しさん@介護・福祉板

>>15
親を売ったら4000万だろ、クズだと思うわ。
そんな金払ったら誤嚥リスクある老人を特養が取らなくなる。
全然面会に来ない*家族程、あーだこーだ文句垂らすよな。


21 名無しさん@介護・福祉板

[11日 19:10]車いす転落 後ろの女性が死亡rsk10
高松市のショッピングセンターのエスカレーターで、10日、女性の車いすが転落し、
76歳の別の女性が巻き添えになって死亡しました。>>全文を読む
車いすの79歳の女性と、付添いの81歳の夫も重軽傷を負いました。
事故が起きたのは、高松市のショッピングセンターにある家具インテリア店のエスカレーターです。
10日午前10時半ごろ、高松市の81歳の男性が、車いすの79歳の妻と一緒に
2階から3階に向かうエスカレーターに乗っていて、3階に着いたところで、車いすが後ろに向けて転落しました。
段差に、車いすの前輪が引っかかったものと見られています。
2人の後ろには、高松市に住む76歳の渡邉清美さんが立っていましたが、巻き添えになり、病院で死亡しました。
また、車いすに乗っていた妻は骨折などの大けがをした他、付添いの夫も軽いけがをしました。
エスカレーターには、ベビーカーやショッピングカートを使わないようにという表示がありますが、車いすを禁止する表示はありませんでした。
店には、エレベーターがありました。
店では、「エスカレーターに車いすを乗せると大きく傾くため、当初から車いすが使う想定はしていなかった」と話しています。


25 名無しさん@介護・福祉板

本人が歩きたくて歩いたんだから、それで転んでも本人の自由。
徘徊したくて徘徊したんだから、それで*でもいいよね……
って思えてくるよ。
外に出たい出たい出たい出たい出たいと毎日20時間頑張られたらさ。


26 名無しさん@介護・福祉板

なんかニュースでやってたなぁ……
車椅子をワゴン車のリフトで上げて乗せている最中に、
80代の利用者が無理矢理割り込んで車によじ登り始めたから、
制止しようとしたら手が離れて車椅子が落ちて爺さん死亡ってやつさ……

あえて言う。ヘルパーは悪くない。
よじ登った婆が悪い。


27 名無しさん@介護・福祉板

車椅子のロックしてなかったスタッフが悪いぞ


28 名無しさん@介護・福祉板

一瞬で車輪ロックできないよ
右左とロックしてる間に 婆は 上昇中のリフトと車の天井に挟まれただろうし。
一瞬で そんな早業できないよ。


29 名無しさん@介護・福祉板

ドアを閉めて、その後上昇させてるとこにばあさんがドアを開けて乗り込んできたとニュースで言ってた
台に載せる→ロックする→ドア閉める→上昇させる、手順じゃないかな


30 名無しさん@介護・福祉板

婆さんさえ大人しくしていてくれたら起こらなかった事故やね。


31 名無しさん@介護・福祉板

ロックなんてかける余裕もないほど急かされていたのかもね


37 名無しさん@介護・福祉板

ウチのユニットはとにかく介護度が重く、介助量も多いんで、数年前に就任したユニットリーダーが
とにかく「仕事を早くやる」ことを方針にしてて、仕事の遅い職員は怒鳴りつけられたりしてたんだが…。
そのリーダーが利用者の食事を、いつも通りのハイペースで介助してブチ込んでたら、その利用者を
誤嚥させた挙句に救急搬送させて、そのまま*せちまったらしい。

その後、どーいうワケか俺の方にとばっちりが来た挙句、今まで続けてきた方針を180度転換して、
今さらになって「利用者のペースに合わせる」みたいな戯言を抜かしてやがる。本物の*だな。

世間も警察もウチの職場も大して変わらねぇわ。死人が出てから、初めて動き出すってことさ。
とりあえず、ウチのリーダーは人*なんで、業務上過失致死で牢屋にブチ込まれろや!!


65 名無しさん@介護・福祉板

ともあれ、親を特養に入れて、そこで*だら
施設を訴えて大金せしめようてする人種が存在するのはわかった。
ゴミクズね。


66 名無しさん@介護・福祉板

2017年07月18日 18時37分

特養老人ホームの職員が床ずれ1か月半放置、食事介助ミスで女性死亡…遺族が提訴

特別養護老人ホームで、誤えん事故により亡くなった女性(当時86)の遺族が7月18日、
同ホームを運営する社会福祉法人に対して慰謝料など約4055万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

遺族の代理人弁護士が同日、司法記者クラブで記者会見を開き、女性の長男(56)と次男(49)のコメントを発表。

「母の人生の最後がこのような結果になり、しっかり親孝行もせず旅立たせてしまったことに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 一連の事故が何故起きてしまったのか。母の人生を奪ったことに対して、施設は本当に責任と謝罪の気持ちを感じているのか。
 一連の事故の責任の所在はどこにあるのかを今後明らかにして、誠意ある謝罪と対応をしてほしい」と求めている。

●誤えん事故が原因で死亡、床ずれは1か月半放置

訴状などによると、亡くなった女性は2015年1月、社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームに入所した。
誤えん(食べ物が誤って気管に入ってしまうこと)事故は、2015年9月7日の夕食時に発生。
心肺停止状態となり、病院に緊急搬送されたものの、同年10月23日に誤えん性肺炎により亡くなった。

遺族の代理人弁護士によると、事故発生前には、床ずれしていることを知りながら放置。
約1カ月半にわたって家族に報告しなかったことも発生していた。
その結果、皮膚として再生不可能になる「壊死組織あり」の状態にまで悪化し、
同年8月31日には今後のケアについて改善策を市役所に提出していた。

しかし、誤えん事故はその「最善の介護」を誓ったわずか1週間後に発生。
自力摂取できていた時でも、食事に少なくとも30分はかかっていたが、
事故当日は長く見積もっても8分の間に主食5分の2、副食を全て食べ終わるというハイスピードで食事介助されていた。
代理人の弁護士は「誤えん事故の前提として、床ずれを作って体の状態を悪くしたということも寄与していると考えている」と指摘する。

●「事故の謝罪や誠意が感じられない」

施設は事故について職員の過失を認め、
保険会社を通じて今年2月に「損害賠償を請求しない」という内容を含めた和解金約1700万円を提示した。

遺族は「このまま風化させてしまうと、また同じように被害者が増えてしまうのではないか。
これで母のことを片付けられてしまっていいのか」と悩み、提訴に至った。

次男は自身も介護施設で働いている。裁判を提議せずに施設に対して様々な働きかけを行ったが伝わらず、提訴を決めたという。
「介護の現場がいかに大変かということも理解している。現場を変えたいという思いも持ってこの訴訟に臨んでいる」と話した。

(弁護士ドットコムニュース)

特養老人ホームの職員が床ずれ1か月半放置、食事介助ミスで女性死亡…遺族が提訴 - 弁護士ドットコム
: ttps://www.bengo4.com/other/n_6375/


67 名無しさん@介護・福祉板

>>66
>しっかり親孝行もせず旅立たせてしまったことに対して申し訳ない気持ちでいっぱい

だったら施設に入れなきゃよかったんじゃね?って思うわw