介護魂太郎

介護魂太郎では5chやTwitterなどで、福祉情勢や介護全般における知識、知恵、家族の苦悩、福祉専門職員の仕事の悩み、愚痴などの情報をはじめ、健康、老化に関する情報をまとめています。

    2018年01月



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    介護殺人情報まとめ!

    1 ばーど ★ :2018/01/20(土) 14:56:04.24 ID:CAP_USER9.net

     1月20日未明、北海道小樽市のマンションで、80代妻を包丁で切りつけ重傷を負わせたとして、85歳の男が殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

     逮捕されたのは小樽市の無職、菅原武男容疑者(85)です。

     菅原容疑者は20日午前2時30ごろ、自宅マンションで80代妻の首や頭などを、刃渡り約17センチの包丁で切りつけた殺人未遂の疑いが持たれています。

     妻は頭やあごを切る重傷ですが、命に別条はありません。

     警察の調べに菅原容疑者は「妻をケガさせた」などと供述、殺意についても認めているということです。

     警察によりますと、菅原容疑者は、3か月前から骨折した妻を介護していて、警察は介護疲れによる犯行も視野に調べています。

    配信2018年1月20日12:20
    北海道ニュースUHB
    https://uhb.jp/news/?id=3625


    【【介護疲れ】3か月前から妻を介護…妻を包丁で切りつけ…85歳男を逮捕】の続きを読む



    (出典 www.geocities.jp)


    介護福祉士国家試験情報まとめ!

    1 名無しさん@介護・福祉板 :2018/01/05(金) 06:44:28.80 ID:WE0e3kq2.net

    公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
    http://www.sssc.or.jp/kaigo/index.html

    筆記試験: 平成30年1月28日(日曜日
    実技試験: 平成30年3月4日(日曜日)
    合格発表: 平成30年3月28日(水曜日)


    【【合格祈願】刻々と迫る第30回 介護福祉士 国家試験!】の続きを読む



    (出典 www.sakouju.jp)



    1 ばーど ★ :2018/01/16(火) 20:09:03.19 ID:CAP_USER9.net

    法務大臣の諮問機関である法制審議会の民法部会は、家事や介護を担ってきた配偶者が、遺産分割の際に優遇されるよう、現在住んでいる住居に引き続き住むことができる「居住権」を新設することなどを盛り込んだ、民法改正の要綱案をまとめました。

    法制審議会の民法部会は、おととし、家事や介護を担ってきた配偶者が遺産分割の際に優遇されるよう、法定相続の割合を引き上げるなどとした案をまとめましたが、一般から「配偶者を優遇しすぎではないか」といった反対意見が多く寄せられたため改めて検討を進め、16日の会合で民法改正の要綱案をまとめました。

    それによりますと、遺産の対象となる住居について、これまでの「所有権」とは別に、配偶者が引き続き住むことができる「居住権」を新設し、退去を迫られることがないよう保護するとしています。

    さらに、結婚して20年以上の配偶者に生前贈与や遺言で贈られた住居は、原則として遺産分割の計算の対象から除外し、住居を取得した配偶者にも、現金などの財産が子どもなどと同じように分割されることも盛り込まれています。

    このほか、要綱案には、配偶者が生活費などを確保できるよう、遺産分割の前でも、預貯金などから一定の払い戻しを受けられるようにすることなども盛り込まれています。

    法制審議会は、来月開かれる総会で、最終的に要綱を取りまとめ、法務大臣に答申することにしています。

    ■見直しの背景は

    昭和55年以来、およそ40年ぶりとなる今回の見直しの背景には、高齢化社会が急速に進展していることがあげられます。

    高齢化社会の進展で、残された配偶者が長生きするケースも増え、生活資金も必要となることから、相続の際、配偶者により手厚く分割すべきだという指摘が出ていました。

    また法務省は、核家族化が進み、子どもが親と同居せず独立して生活する状況が増えていることや、長年にわたって介護などを担ってきた配偶者が十分な遺産を受け取れず、不公平感を訴える声が上がっていたことなども、今回の見直しの要因になったとしています。

    ■遺産分割の具体例

    今回の見直しで、遺産はどのように分割されることになるのか、具体例でみてみます。

    法務省が一例としてあげているのは、結婚して20年以上で、生前贈与や遺言で配偶者に住居が贈られた、夫婦と子ども1人の3人家族で、遺産の総額が8000万円、このうち住居の評価額が3000万円、現金などそのほかの財産が5000万円だった場合です。

    基本的には、総額8000万円を、配偶者と子どもが4000万円ずつ分割することになります。

    ただ、これまでは、配偶者が住居をそのまま相続する場合、評価額3000万円を遺産として得ることになるため、現金などの財産は1000万円のみの相続となります。

    一方、子どもは、現金などの財産を4000万円相続することになり、住居を遺産として相続する配偶者への分割分は、必然的に子どもより少なくなっていました。

    しかし、今回の見直しで、住居の評価額は「遺産分割の計算の対象から除外する」ことになるので、この例でみると、現金などの財産5000万円を、配偶者と子どもで2500万円ずつ分割することになります。

    その結果、配偶者が得る現金などの財産は、これまでは1000万円だったのに対し、見直し後は2500万円に増えることになり、配偶者が優遇されることになります。

    ■専門家「多くの人に影響」

    遺産相続の実務に詳しい中根秀樹弁護士は、今回の改正は自宅の相続に関わるため、多くの人に影響すると指摘しています。

    中根弁護士は、配偶者の「居住権」が新設されたことについて、「どういった場合に権利として保護されるのか、これまでは明確ではなかったので、法制度として明確になることによって、残された配偶者の権利の強化が図られた」と話しています。

    これまでは、遺産の大部分が自宅だった場合、配偶者がほかの家族と遺産を分け合うために住んでいた家を売り、引っ越しを余儀なくされるような問題が起こりがちだったということで、今回の改正が1つの対策になるとしています。

    以下全文はソース先で

    1月16日 18時22分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011291091000.html?utm_int=news_contents_news-main_003


    【【居住権】家事や介護を担ってきた配偶者に不公平感を訴える声が!】の続きを読む

    このページのトップヘ